ソリューション

LANの冗長化による障害対策

MSTPによるLANスイッチの冗長化

構 成

所要機器・方法

  • L2/L3 スイッチ
  • MSTP、RSTP設定

取扱製品名

  • Cisco
  • HP(Hewlett-Packard)

課 題

  • 障害に強いネットワークを構築したい
  • 障害時のネットワークダウンを最小限に抑えたい

解決策

LAN接続冗長化の必要性

LANのネットワーク障害は、LANスイッチや配線方法の2重化だけでは回避できません。それは障害の発生箇所や内容によってトラブルの現象や対策方法が異なるためで、ネットワーク設計の際に、万一に備えたトラブル回避策と復旧手順を確立する必要があります。ネットワークを構成するLANスイッチの内部構造を熟知した設計が重要なのです。

スパニングツリーによるLANスイッチの冗長化

LANスイッチの冗長化技術として、スパニングツリーを利用します。VLANに対応するMSTP(802.1s)と障害復旧時間を短縮させるRSTP(802.1w)を連携して使い、障害発生時の迂回経路を確保でき、停止しないネットワークを構築できます。