ソリューション

WAN接続の冗長化による障害対策

ネットワークや機器の障害に強いWAN構築

構 成

所要機器・方法

  • Firewall/VPN機器
  • L3スイッチ

取扱製品名

  • Cisco
  • Juniper
  • YAMAHA

課 題

  • 障害に強いネットワークを構築したい
  • 障害時のネットワークダウンを最小限に抑えたい

解決策

WAN接続冗長化の必要性

システム障害の原因として、サーバなどのハードウェア障害、アプリケーション/ソフトウェア障害、ネットワーク機器の障害が挙げられます。ネットワークはインフラ中のインフラであり、他のシステムのダウンと比べても影響が広範囲にわたることから、障害に強いネットワークを構築することは基本と言えます。中小企業では、大容量で安価なベストエフォートサービスをお使いになることが多いようです。フレッツなどの広帯域なプロードバンド回線をメイン回線として利用する場合、どのように障害に強いネットワークを構築すればいいのか検討されているお客さまへ、投資と運用コストを抑えたWAN冗長化を構築します。
障害から復旧まで迂回経路に自動接続されるため、ネットワークの切断がなく、担当者の作業発生もありません。